滋賀県高島市から日本全国の事件とフィリピンの法務に対応する弁護士事務所

英文契約書の作成・検討

英文契約書は弁護士の関与が必須

海外との契約関係の増加にともない,企業の種類・規模にかかわらず海外との契約関係が増加しています。その際,多くの契約書は英文で作成されています。

しかしながら,海外取引の契約書には日本語と異なる注意点が多くあります。英語が一応読めるからといって日本の契約書と同じような感覚で契約を結ぶことはできません。

安易に海外取引の契約を締結すると,トラブルが起きたときに日本の裁判所に解決を持ち込むことすら出来ない場合があります。必要な知識と経験を持つ弁護士に事前に相談することが必須なのです。

費用について

契約の種類・複雑さ,検討資料の量によって異なりますのでご相談下さい。

PAGETOP
Copyright © 高島法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
広告責任 弁護士 野田隼人(滋賀弁護士会)